スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

LEDセルフホワイトニング機会を使用中、歯を白くするできない場合

お客様たち、当店で取り扱っているホワイトニング機会は今まで、ホワイトニング機会を使用中、歯を白くするできない状況は出たことはありませんね。


もし、不幸なら、ホワイトニング機会を使用中、歯を白くするできない場合は以下のことを確認してくださいね。


一:ホワイトニング剤はどの種類のことですか?


有効期限を超えてないですね。


ホワイトニング剤は有効期限を超えるなら、歯を白くすることができないですよね。


二:歯を白くする中、設置されたパーワーはいくらですか?


パーワーは弱すぎると、歯を白くすることはできませんね。


三:歯を白くする時間はどのぐらい設置していますか?


短過ぎると、歯を白くすることができないですよね。


ホワイトニング照射器について、ほかに何かご質問がございましたら、歯科販売のカスタマーサービス山本優奈に連絡くださいね。

続きを見る:https://www.oyodental.jp/category-1025-b0-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%85%A7%E5%B0%84%E6%A9%9F%E5%99%A8.html

歯を白くする方法―クリーニングとホワイトニング

歯を白くしたい方がたくさんあります。歯を白くするには、歯の表面の着色を落として白くする方法はクリーニングと呼ばれます。歯の内部の着色を化学的に分解し、明るさを上げて白く方法はホワイトニングです。歯を白くしたい方は自分に合った方法を選んでください。


歯の表面の汚れだけなら、市販にホワイトニング用の歯磨き粉やホワイトニングジェルを使用してある程度白くすることができます。費用が安くて効果は限定です。


歯の表面に付着した色素で黄色くなっている場合はクリーニングで白くすることができます。クリーニングは歯科医院で行いますが、費用が自宅よりちょっと高いです。しかも、クリーニングは元の歯の色に戻すだけで、元の歯の色以上に白くすることができません。


元の歯の色以上に白くするならホワイトニングを行います。ホワイトニングは大きく分けてオフイスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングです。オフイスホワイトニング(ホワイトニング装置)治療後すぐに効果が見えます。ホームホワイトニングが白さを長く続けることができます。


ホワイニング前後シェードガイドを比べ効果を確認できます。当店のシェードガイドが鏡付き、保管便利、持ちやすいというメリットがあります。(医療用開口器)