スキップしてメイン コンテンツに移動

ステッピングモー選定計算式

ステッピングモーターやACサーボモーターをパルス信号で制御する場合に必要な計算式を説明します。

運転パターン

パルス速度での運転パターンとしてステッピングモーターの場合、通常は左の加減速運転のパターンですが、運転速度が低速で、負荷の慣性モーメントが小さい場合には右図のような自起動運転が可能になります。
運転パターン

f1
: 起動パルス速度[Hz]
f2
: 運転パルス速度[Hz]
A
: 動作パルス数
t0
: 位置決め時間[s]
t1
: 加速(減速)時間[s]
運転パターンの計算がWEBサイト上で簡単におこなえます

動作パルス数A[パルス]の計算式

動作パルス数とはワークをA点からB点へ移動させる場合、モーターが回転しなければならない角度をパルス信号の数で表したものです。
動作パルス数A[パルス]の計算式
l
: A点からB点への移動量[m]
lrev
: モーター1回転当たりの移動量[m/rev]
ΘS
: ステップ角度[°]

運転パルス速度f2[Hz]の計算式

運転パルス速度は動作パルス数と位置決め時間および加速(減速)時間から求めることができます。
①加減速運転の場合
加速(減速)時間をどの程度にするかが重要なポイントになりますが、加速トルクや加減速レートとの兼ね合いもありますので簡単に決定することができません。
そこで、計算当初は目安として位置決め時間の25%程度に設定して計算します。(最終的には調整が必要です。)
加減速運転の場合
②自起動運転の場合
自起動運転の場合

加減速レートTR[ms/kHz]の計算式

加減速レートは当社コントローラで使用している設定値です。
パルス速度の加速の度合いを表したもので、以下の計算式で算出されます。
加減速レートTR[ms/kHz]の計算式
・パルス速度はフルステップ換算で計算してください。
・ここでは速度の単位を[kHz]で、時間を[ms]で計算します。

運転パルス速度f2[Hz]から運転速度NM[r/min]への換算式

運転パルス速度f2[Hz]から運転速度NM[r/min]への換算式
速度換算をWEBサイト上で簡単におこなえます
詳細はこちらをご覧ください。

負荷トルクの計算

こちらの計算式をご参照ください。

加速トルクTa[N・m]の計算式

モーターの回転速度を変化させるときは、必ず加速トルクあるいは減速トルクが必要になります。
どのモーターにおいても加速トルクの基本式は同じですが、ステッピングモーターの加速トルクをパルス速度で計算する場合は、下記のようになります。
〈すべてのモーターに共通の基本式〉
加速トルクTa[N・m]の計算式
運転パターン
J0
: ローター慣性モーメント[kg·m2
JL
: 全負荷慣性モーメント[kg·m2
NM
: 運転速度[r/min]
t1
: 加速(減速)時間[s]
i
: 減速比
〈ステッピングモーターの加速トルクをパルス速度で計算する場合〉
①加減速運転の場合
加減速運転の場合
②自起動運転の場合
自起動運転の場合

必要トルクTM[N・m]の計算式

必要トルクは負荷トルクと加速トルクの和に安全率を乗じたものです。
必要トルクTM[N・m]の計算式
TM
: 必要トルク[N·m]
TL
: 負荷トルク[N·m]
Ta
: 加速トルク[N·m]
Sf
: 安全率

実効負荷トルクTrms[N・m]の計算式

実効負荷トルクはACサーボモーターとブラシレスモーター/BXシリーズを選定するときに計算します。
モーターに要求されるトルクが時間とともに変化する場合、実効負荷トルクを計算し、使用できるかどうかの判断をおこないます。
短サイクル運転で加速減速が頻繁におこなわれるような運転パターンの場合は、特に重要になってきます。
実効負荷トルクTrms[N・m]の計算式

続きを見る:https://www.oyostepper.com/


コメント

このブログの人気の投稿

歯の神経の生死の判定根管治療歯髄診断器

歯の神経(歯髄)が生きているかどうかで治療方法は異なります。

むし歯や外傷によって残念ながら歯髄が死んでしまっている場合は

神経を除去する処置(根管治療器材)が必要です。



歯髄の生死の判定は電気歯髄診断器を用いることで判断が可能です。

微弱な電気を通電することで知覚の有無を調べます。


左側に電極クリップをかけ、右下第一小臼歯の診断をしています。
チップから微弱電流が流れ、徐々に強さが上がっていきます。
感覚を感じた時点で患者さんに手を挙げていただきます。
白く見えるのはハミガキペーストを通電の補助として使っています。
写真撮影のため、口唇に接触していますが
実際には当該歯のみにペーストを付け、チップを口唇から離します。
当然のことですが、弊オフィスではすべてのチップは使用毎に滅菌しています。

弊オフィスで使用してるサイブロンエンドのヴァイタリティスキャナーです。
一般的に電気歯髄診断器はパルプテスターと呼ばれています。
歯にチップを接触させると自動的に強さを示す数値が上がっていきます。
感覚が出て合図を受け、歯から離すとその時点での数値が表示されたままになります。
rateのダイヤルを回すと数値の上昇スピードが上がります。

このケースでは56という数値でした。
数値が大きいほうが強い値でようやく感覚が出たということになります。
歯髄が死んでいる場合は上昇しても感じません。

歯髄は歯の知覚だけでなく、血流により歯に栄養を供給しています。
接着修復が確立されている現在では治療の都合上神経を取る便宜抜髄は
可能な限り避けることが出来ます。
安易な歯髄処置(抜髄・神経を取る)は避けるべきと考え
弊オフィスでは歯髄は意地でも残す、という姿勢で治療に臨んでいます。